アトピー性皮膚炎

■皮膚の見た目が本当にきれいになりました!〈34歳 女性 会社員〉

病名:アトピー性皮膚炎

Q1:当院にいらしたときは、どのような症状でしたか?

2015年9月、持病のアトピーが悪化したのが始まりでした。
2016年7月、初めて治療院に伺いました。

その時の症状は全身に広がるかゆみ、皮膚剝離、乾燥、炎症による赤みがあり、夜も連続して眠れないなどとても辛いものものでした。

当時の症状は、自分史上最悪の状態でした。

Q2:今までの対処法はどのようなものでしたか?

もともと幼少期からアトピーでした。
長年、皮膚科のステロイドの塗り薬で対処していました。

症状は手の指が荒れる、首の特定の一部が痒いなど限定的で、生理前や睡眠不足で疲れて症状が出るときだけ塗り薬を使用していました。

薬を塗ればすぐに皮膚の痒みはや赤みは引くため見た目にも綺麗になるのですが、根本治療にはなってないとという思いがありました。

治療院を初めて訪問したのは、大きく体調を崩した際に皮膚科でのステロイド治療を選択せず、自身で良いと思う自然療法を取り入れ体質改善のために10ヶ月かけてあれこれ試した後です。

具体的には、ホメオパシー、断食、食事療法でした。

症状の悪化を好転反応と言われることもありましたが、効果を得たという実感はなく、体感としても下り坂を転げ落ちるように悪化した10ヶ月でした。

Q3:当院に通院するようになって、どのような改善がありまあしたか?

まず初めて治療を受けた夜に、ぐっすり朝まで眠ることができました。

その当時は、痒みがひどく朝まで眠ることもままならない状態だったのでぐっすり眠れた、というその効果が本当に有り難かったです。

そこから1年半程度は週に2~3回の頻度で通い、その時の私の体に必要な治療をして頂き、皮膚の症状は改善していきました。

初めて治療院を訪問した時の赤味や皮膚剥離の症状も今はほぼありません。皮膚も保湿され皮脂の出る正常な状態に戻りました。

痒みが引くのには、なかなか時間がかかりますが、痒くなる頻度は確実に減っています。
何より、皮膚の見た目が本当にきれいになりました。

Q4:他院の治療と比べて、当院の鍼灸治療はいかがでしたか?

診療を受け、その時からだが必要とする治療を施してもらうのですが、これまで試したほかの治療と比べて、症状の治癒とその効果の継続の実感があります。

鍼灸で体質根本改善のお手伝いをしてもらっている感覚です。
また、寺嶋先生には治療にあたり、精神的にも大きく支えて頂きました。本当に感謝しています。

Q5:てらしま鍼灸治療院をどのような人に薦めたいですか?

時間を掛けてご自身が長年悩まれている身体の不調を根本から改善したい方。
先生と二人三脚で治療に真摯に取り組める方。

<院長のコメント>

当鍼灸院へいらしたときの状態は、ステロイド軟膏などを一切使っていない状態でしたので全身酷い状況でした。皮膚は鱗のようにボロボロと剥がれ、象の皮膚のように固くなり体が動かしにくいとのことでした。

思春期の頃から発症して、症状が出たときにステロイド軟膏をつかって炎症を落ち着かせ、症状がまた出たときにステロイド軟膏を使うという状態を繰り返していたそうです。

ステロイド軟膏を使えば炎症は落ち着くものの治ることはなく、このまま同じ対処をしていても治らないと考え、ホメオパシーや断食、食事療法、サプリメント(水素、DHA)などでアトピーと向き合っていたとのことでした。

1年近く新たな取り組みをしても良くならず悪化する一方でしたので、心身ともに疲弊されていました。ご家族や身近な人にはとても心配されていたようです。

鍼灸治療でアトピー性皮膚炎が良くなるのかどうかも半信半疑で、藁にも縋る思いだったのでしょう。

タイトルとURLをコピーしました